悩みを解決する男性

チェックをしよう

40代と50代が治療の受け時

サムズ・アップする男性

40代、50代を迎えたら、クリニックで薄毛や抜け毛をチェックしましょう。特に、AGAは知らない間に進行している可能性があります。このAGAを治療する事で、頭皮への負担を少なくすることができるのです。カツラや植毛などでケアすることも可能です。しかし、それで髪の毛がしっかり増えるということはありません。特にカツラは剥げている部分をカバーするだけなので、装着して生えるわけではありません。またクリニックで治療を受けて髪をせっかく生やすことが出来ても、途中でやめてしまえばまた薄毛に悩まされてしまいます。そうならないためにも発毛治療の継続は大切なのです。特にAGAの治療を受けている最中は、医薬品の副作用に悩まされる心配があります。その時は、医師に投与をとめてもらいましょう。無理して服用しても副作用は悪化する場合があります。そのため、副作用がでたら、クリニックの医師に相談することが大切なのです。

二つの髪質

髪質には、軟毛と硬毛の二つがあります。軟毛はメラニン色素を含んでいません。そのため、色が淡くとても細いです。しかし、この髪質は癖毛が出来やすく、どんなに髪をくしでといてもその癖毛をなおすことが出来ません。また、硬毛は、とてもコシが強い髪で、毛髄質とメラニン色素などが含まれています。そのため、髪の毛がとても健康的です。軟毛よりも太めなのが特徴になっています。大人に成長するに連れてこの髪の毛になることはあるのですが、大半の大人がこの硬毛になるわけではありません。薄毛やAGAの治療を受ける時は、自分がどんな髪質なのかを知っておく必要があります。特に髪の毛が細くなっている場合は、薄毛になる可能性があるので、髪質には注意するようにしましょう。