悩みを解決する男性

脱毛症と抜毛症

脱毛症と生活習慣

中年の男性

男性の脱毛症には、様々な種類があります。AGAを始め円形脱毛症や抜け毛症などがあるのです。これらすべての脱毛症には、ストレスが深く関わっています。このストレスは普段の生活を送っているとあちこちからやって来るのです。そのため、どんな生活を送ってもそのストレスから逃れることはありません。ストレスをなくすには、ストレスを発散できる場所を見つける必要があるのです。しかし、仕事や家事などが忙しければ、ストレスを発散することが出来なくなってしまいます。そして、それを放っておいてしまうと、脱毛症や抜け毛症などの原因になってしまうのです。また、ストレスは脱毛症だけではなく、体の免疫力を下げてしまいます。それが、円形脱毛症を呼んでしまうのです。

抜毛症とストレスの関係

抜け毛症は、ストレスを受ける度に自分で髪の毛を抜いてしまう症状です。これは大人だけではなく子どもにも起こります。ストレスの中で最も避けては通れないのが人間関係のトラブルです。このトラブルは社会や学校でも起こりえます。現代ではいじめが多発しているため、いじめが原因でストレスを感じ、抜け毛症にかかっている事が多いのです。その抜け毛症は、クリニックに通うだけではなく心のケアを必要とします。そのため、クリニックで発毛治療を行いながら、人間関係のトラブルで弱った心の治療もする必要があるのです。そうすることで、髪の毛を抜く癖が段々と治っていきます。

脂漏性脱毛症について

脱毛症に、脂漏性脱毛症というのがあります。それはたくさんのふけを発生させる脱毛症です。そのため、痒みを引き起こします。頭皮の毛穴がフケで塞がれている状態なので、早めに治す必要があるのです。しかし、この脱毛症は頭皮を掻きすぎてはいけません。なぜなら、掻くことで余計に悪化してしまうからです。そのため、クリニックで治療を受ける時は、痒いのを我慢しながら改善して行くことが大事ですが、シャンプーを変える必要もあります。